太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電補助金の紹介エコ奉行|優良業者はどこ?

太陽光発電補助金の紹介エコ奉行|優良業者はどこ?

太陽光発電の一括見積もりサイトエコ奉行が大人気です。

これまで当ブログでは主にタイナビを優良一括見積もりサイトとしてご紹介してきました。

この流れは、当ブログ限らず本サイトでも同様になっています。

ところが、YahooJAPAN!で「太陽光発電」と検索すると「エコ奉行」というワードがピックアップされてきます。

これは、今「太陽光発電一括見積もりサイト」のエコ奉行が、注目されていることを示しています。

つまり、YahooJAPAN!ユーザーの多くが「太陽光発電補助金の紹介エコ奉行」と検索しているわけです。

これまで当ブログおよび本サイトでは、紹介してこなかった見積もりサイトのため、改めてここで調査、解説したいと思います。

※エコ奉行サイト内に、全国の補助金エリア情報がまとめられているため、補助金紹介と紹介されているのかもしれません。当記事の一番下にエコ奉行公式サイトへのリンクバナーが貼ってありますので適宜ご利用ください。

太陽光発電の一括見積もりサイトエコ奉行とは?


太陽光発電の一括見積もりサイトエコ奉行とは、シーフラット株式会社という西新宿にある会社が運営しているサイトです。

シーフラット株式会社は、2004年設立なので業歴10年の主にインターネット関連の事業をしている会社です。

メディア系の事業者であることは、タイナビなどとあまり変わらないですね。

ただ、エコ奉行の場合だと、太陽光発電だけではなくインターネットに関連するさまざまな分野を扱っているので、太陽光発電業というよりは、よりメディア業というニュアンスが強いと思います。

一方でタイナビは、完全に太陽光発電に特化したメディア業なので、太陽光発電に関する専門性は高いということができると思います。

だからといって、決してエコ奉行のほうが悪いとか、タイナビがよいとかいうつもりはありません。

ただ、私は個人的に何事もその道のプロから物を買ったり意見を聞いたりしたいほうなので、エコ奉行もタイナビもどちらもよいのであったら、迷わず私はタイナビに見積もり依頼かけるでしょう。

逆にだからこそ、私は太陽光発電に特化して、メディアを作っているのであり、太陽光発電に対してものすごく強い愛着と思い入れをもって活動しているわけです。

そうでなければ、フリーで太陽光発電アドバイザーをやっていません。

しかし、確認したところ、エコ奉行に登録している太陽光発電業者は、全国で900以上に上るため、タイナビとは違う業者も多く加盟しているようです。

もちろん、普通にネットから探してきた業者と比べると、こういった一括見積もりサイトへ登録しているサイトは、第三者の目と審査を通過した業者とういうことになるので、信頼性は格段に高くなるでしょう。

また、エコ奉行もコンプライアンス管理はしっかりとしているようで、しつこい営業はしてこないと思いますが、私が直接確認したわけではありません。

いずれにせよ、一括見積もりサイトは、間に第三者機関が入って、業者の目利きをしているので、タイナビを活用した上で、さらにより安く導入したいという方には、一度見積もり依頼をかけることをおススメします。

見積もり先は多ければ多いほど、より競争が激化して価格が安くなっていくからです。

もし、まだどこにも見積もり依頼をかけていないようでしたら、まずはタイナビへ見積もり依頼してみてください。

当ブログおよび本サイトでどうしてこんなにタイナビを押しているか、ご理解いただけると思います。

※タイナビについては、本サイトのタイナビの口コミや評判をご覧ください。

※エコ奉行も補助金限らず太陽光発電に関する情報を多く取り扱っています。

もし興味のある方はぜひエコ奉行HPを除いてみてください。

エコ奉行の公式サイトへは、下のバナーをクリックして頂けると訪問できます。



こちらから公式サイトへ行っていただくと一番下のメニュー部分に、「全国補助金エリア一覧」というリンクが貼ってあるのがわかります。


posted by 太陽光発電のデメリット at 11:45 | 懸念材料について4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。