太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

全量買取制度の売電単価2014年度決定!

2014年度の全量買取制度の売電価格が決定しました。再生可能エネルギーのうち、もっとも普及が進んでいる太陽光発電ですが、
2013年度までと異なり、2014年度は家庭用と10kW以上の産業用とで、
価格がずいぶんと変わることになりました。

決定!太陽光発電の2014年度売電価格
家庭用の太陽光発電は、
2013年度38円/kW税込み⇒37円/kW税込みへと1円ダウンとなります。
1kWあたり1円なので、ほとんど下がっていないに等しいということができるでしょう。

つまり、全量買取制度の適用についてのみを考えるならば、
2013年度に導入しても2014年度に導入してもあまり変わらないということです。

あとは太陽光発電導入補助金が1kWあたり20,000円2013年度は出ること、
消費税が3%アップすることが違いになってくると思います。
太陽光発電導入補助金については、工事契約をして申請書を作る郵送すれば、
年度末消印有効なのでまだ間に合います。
一方で、消費税については引渡し日起点で計算されるので、
これからのタイミングでは難しいといわざるを得ないかもしれません。

一方で、10kW以上の産業用太陽光発電は、
2013年度36円/kW税別⇒32円/kW税別4円のダウンとなります。
産業用の太陽光発電は、期間が20年と長いこともあり、
2013年度に大きく普及したことから少し大きな下げ幅となりました。
もう年度内の適用には間に合いにくいと思いますので、
32円/kWで計算して、収益があがるかどうかを検証することが必要になるでしょう。

当然のことながら2015年度はもっと下がることが想定されます。
これらのことを複合的に考えながら導入を検討してください。

太陽光発電の導入を検討している方は、
絶対に後悔しない太陽光発電の選び方
これらのページを参考にされるとよいと思います。

太陽光発電 メリット デメリット



posted by 太陽光発電のデメリット at 16:15 | 補助金の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。