太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電メリットデメリットが現状を整理してみました。

2013年11月に太陽光発電の補助金打ち切りが決まり、いよいよ導入すべきかどうか判断しなくてはいけないと考える方が増えていることから、今回は太陽光発電の現状をしっかりと整理したいと思います。

住宅用の太陽光発電を導入した際に補助金をもらえるのは、2014年3月31日消印有効で申請書を送った時がリミットです。もし、今太陽光発電を導入しようと検討していて、少しでも安く設置したいという方がいらっしゃる場合は、このリミットから逆算して考えることが大切になります。

なんだ、まだまだ先じゃんと思った方!それは非常に早計です。今すぐ設置するかどうかを判断する必要はありませんが、以下の観点から検討作業を早急に始めることが必要です。

・太陽光発電の補助金申請を提出するためには、まず連系申請をして承諾を得る必要があり、その手続きに約一ヶ月かかります。さらに年度末の補助金締切に向けて、条件のよい業者から順番に駆け込み需要による混雑が発生して、連系申請手続きも全体的に遅くなる可能性があります。つまり、本当によい業者で、本当に満足いく販売店と余裕をもって検討して手続きしていくためには、2014年1月には発注することが必要になるわけです。

しかし、発注する前にしなくてはいけないことがたいくさんあります。

太陽光発電のメリットやデメリットを調べたり、販売店について調べたり、そもそもあなたが設置を想定している場所で本当に太陽光発電がメリットになるのかどうか確認したり、想定されるデメリットへの対応策を考えたりと、いろいろとしなくてはいけません。

では、どうしたらよいかということなのですが、まず検討作業に取り掛かることをおすすめします。

太陽光発電を導入するための全体的なプロセスについては、太陽光発電の現状についてを参照していただけたら詳しく載っていますが、ここでも簡単にまとめたいと思います。

【全体的な流れ】

検討作業
一括見積もり業者に、見積もりとシミュレーションを依頼する。
見積もりシミュレーションが提出されるまでの間に情報収集する。
シミュレーションと見積もりを元に導入するかどうか判断する。

業者選定
複数から取得した見積もりとシミュレーションを比べて現地調査の後業者を決定する
正式に業者へ発注する【この際に業者による連系申請がなされ約一ヶ月時間がかかる】

工事開始
連系申請の許可が降りたら補助金申請と同時に工事が開始される
施工開始から2〜3日で完工
引渡しと竣工検査をする


電力会社による系統連系手続き
電力会社立ち会いのもと系統連系の手続きと電力需給契約の締結
そして、ようやく運転開始

以上のような流れになります。
これは、
一般社団法人太陽光発電協会のホームページに記載していることに準拠しているので安心してください。

そういう背景から、もしあなたが太陽光発電の導入を検討しているのであれば、まず以下のサイトで一括見積もりを取得されることをおすすめします。まずは、業者が下見に来ない簡易見積もりで検討して、ある程度の検討をしてから現地調査へと進まれるとよいでしょう。

一括見積もりサイトタイナビは、非常に優良な一括見積もりサイトです。すでに100万人以上の方が利用した実績もさる事ながら、加盟している業者のレベルが高く、コンプライアンスの管理がしっかりしているため、太陽光発電業界特有のしつこい営業を受ける心配をすることなく気軽に見積もり依頼することができます。また、複数業者から見積もりをもらうことで最もよいメーカーの最もよい製品と出会うことができるようになります。一社から見積もりをもらっていたのでは決して実現することがなかったことです。
タイナビへは、下のリンクから無料で簡単に見積もり依頼できます。
《公式/全国対応》100万人の利用実績!無料で太陽光発電一括見積り!

太陽光発電 メリット デメリット


posted by 太陽光発電のデメリット at 05:58 | 太陽光発電導入の目的について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。