太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電メリットデメリット2014年導入の場合

2013年度も折り返し地点を迎え、これから太陽光発電を導入しようかどうか

迷っている方、検討している方にとって、2013年度に導入すべきなのか、

少し待って最も近い未来の2014年度に導入にすべきかは、

検証すべき大きな課題であることは間違いのないことでしょう。


ここでは、太陽光発電を2014年度に導入することのメリットとデメリットを

詳しくお伝えしたいと思います。


長期的な観点にあっての2014年度に太陽光発電を導入することではなく、
主に2013年度に導入することに比べてどうかという点に絞ってお伝えします。


※なお、 いつ導入すべきかという長期的な観点から考える導入時期については、

いつ導入すべきかという記事を参照ください。


結論からお伝えします。

2014年度に太陽光発電を導入するなら、

絶対に2013年度中に導入すべきです。


これは、以下のメリットデメリットを考えた上で導き出された答えです。


2013年度は、2014年度に比べて太陽光発電を導入するのに、

以下のような点でメリットがあるといえます。


1.導入時に助成される補助金が大きい。

国からの補助金については、間違いなく2014年度は今年度より下がるか、

業界のもっぱらの観測では、なくなることさえ予想されています。

つまり、補助金の額の差だけ014年度に導入することはデメリットになるのです。

当然、市場の価格は下落していき、さらに高性能なパネルが投入されることが

予測されますが、現状のシリコン系の半導体を使用している間は、

劇的に発電効率が上がることも、劇的に流通価格が下落することも不可能です。

そう考えると補助金が少なくなることを補うだけの流通価格の下落、あるいは、

費用対効果の高い製品の登場は、期待できいないと言わざるを得ません。

もちろん、地方自治体からの補助金も少なくなるのは間違いありません。


2.消費税の動向

消費税が8%になると約3%だけ取得価格が上昇します。

つまり、全く同じ製品であっても、価格が高くなるわけです。


3.全量買取制度の買取単価が下がること

2012年度から2013年度にかけて、全量買取制度の買取単価は、

42円から38円へと1割程度下落しました。

政府も段階的に買取単価は下げていくことを明言していることから、

2014年度はさらに単価が下がることは間違いありません。

買取単価は向こう10年影響を及ぼすものです。

一割もの単価の下落は収益に直結します。


4.機会ロスという観点

太陽光発電は、システムを導入したら太陽光さえ照射されれば、無条件に発電して、

金銭的な価値を得ることができる一方で、逆に導入しなければ、一円も価値を生み出さない

という性質があります。

つまり、来年度導入することは、それまでの間太陽光発電できないということです。

その期間が長くなればなるほど、あとからでは追いつけないくらい生み出した価値に

差が出てきます。その機会損失を補うだけ、価格が下落したり、パネル性能が向上することは、

非常に困難であるということが言えます。


2014年度まで待たずに、2013年度に導入するデメリット。

劇的な価格の下落、劇的な製品性能の向上、技術革新が起こらないとは、

100%断言することはできない。


以上が2014年度に太陽光発電を導入するメリットとデメリットのまとめになります。


※なお、当然のことながら、2012年度から2013年度に変わる時期についても、
いつ導入すべきかということが論議されました。
補助金が下落して、買取単価が下落して、思ったほど価格は下がらない。
年度末に導入しようと画策するも導入希望者が殺到したため、
工事が間に合わなくて悔しい思いをした方が続出しました。

太陽光発電を導入するかどうか見極めるためには、当サイトの記事で、
絶対に損しない太陽光発電の見極め方をご参照ください。


太陽光発電 メリット デメリット



posted by 太陽光発電のデメリット at 09:18 | デメリット4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。