太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電メリット・デメリット|早期導入することの必要性

太陽光発電は、早く導入すればするほどメリットが拡大する性質を持っています。

もちろん、デメリットもあるので、全体的な収支をしっかりと捉えて、

その設置場所で導入することが本当に得になるのかを確認することが前提となります。


・例えば、日影条件がよくない場合などは、そもそも導入してメリットになることはなく、

現状では、デメリットになってしまうことが多いでしょう。

しかし、将来的に考えると、太陽光パネルの性能が進化して、

ある程度日陰であっても発電するようになったとしたら、

導入する価値が出てくる可能性もあります。

そういう場合、つまり現状で採算性が悪い場合は、

今導入するより将来的に採算ベースに見合うようなケースでは、

早く導入することはメリットではなく、デメリットになってしまうでしょう。


・また例えば、日影条件は悪くないけれど、

離島や、極端に辺鄙な場所、僻地に導入するような場合でも、

安く太陽光発電システムを導入することができずに、

現状導入することは採算性がよくないということもあります。

この場合は、システムの価格が現状の値下がりレベルを越えて、

つまり単なる流通の事由、需要と供給のバランスにおける、

価格決定要素を上回る製品価格の下落を待って導入することが、

必要にはなってくるでしょう。

それはすなわち、現状の単結晶シリコンや多結晶シリコン、ハイブリッドシリコンなど、

シリコンを使うものから、もう一歩技術水準が進化するのを待つことが

必要になるということを意味しています。


それら「今導入することがデメリットになる場合」を除いては、

できるだけ早期に導入することが大きなメリットになります。


なぜならば、時間は早送りも巻き戻しも、止めることもできないからです。

つまり、今導入することと、これから先のある一点で導入する時を比べたとすると、

今から、これから先のある一点までの時間は、

将来に導入する場合、完全にロスになるからです。


太陽光発電は、システムを導入しなければ、

決して発電することはないし、ただ太陽光を全く活用しないことを意味します。

それは大きなロスとなります。


どれだけ製品価格が安くなったとしても、どれだけパネルの性能が向上したとしても、

失った期間に得られていたであろうメリットを補うだけの発電量を補填するのは、

容易ではありません。

なぜなら、そこまで劇的な価格の下落か製品性能の向上を実現するには、

少なくとも5年、10年といった中長期の時間を要するからです。

完全な技術革新が必要になるということです。

そういった意味では、現状のシリコンを活用したパネルを活用している限りにおいて、

太陽光発電は、できるだけ早ければ早いほど、導入するのが得になるということができます。

補助金や全量買取制度の助成額が減っていくことももちろん大きな要因になりますが、

早めに導入することが大きなメリットになる本質的な意味は、

以上のようなことが理由となるのです。


さあ、まずは、あなたが太陽光発電を導入して得するか損するか調べましょう。

そしたら、今度は、最も安く費用対効果を高く導入するにはどうしたらいいか調べましょう。






posted by 太陽光発電のデメリット at 08:57 | 太陽光発電の見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。