太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電投資のメリット・デメリット

太陽光発電を事業として取り組む方が増えています。

10kW以上(300万円くらい以上)かけて取り組む人が、

ここ一年で9倍以上にも増えて、家庭用で設置する数よりも

多くなってしまったくらいに増えています。

なぜ、そんなに増えているのでしょうか?


さまざまな理由と要因があります。


ただ、本質的に言えることは、ただ一つ、太陽光発電が、

投資として非常においしいということです。


なにがおいしいかというと、利回りが高い=収益性が高いということもありますが、

最も大きな要因は、リスクが少ないということです。


どういうことかというと、利回りが高くて収益性がよい投資や事業というのは、

世の中いくらでもあって、取り組む人もたくさんあるわけなのですが、

投資という観点から考えると基本的には、リスクとリターンは表裏一体で、

利益=リターンが高ければ、リスクも高いというのが世の常です。


一方で、太陽光発電はというと、そのリスクがことごとくないのです。

リスクというのは何かというと想定していた収益が下がったり、

思わぬ損失を被ったりすることがあげられます。

太陽光発電でいうと、通常であれば想定されるリスクとして、

発電した電力の売買金額が上下することや、設備の故障や気象条件によって、

電力を発電しなくなってしまうこと、維持経費が必要以上にかかってしまうこと、

この3つくらいがあげられます。


ところが、今参入した人にとっては、それらのリスクがほとんどないのです。

なぜならば、発電した電力は全量買取制度という国の制度によって、

向こう20年間現在の高単価で買い取ってもらえることが保証されているし、

太陽電池は、メーカー保証で10年、20年は発電することが保証されていて、

万が一発電しなくなったり一定以上発電量が低下してしまった場合は、

無償で修理か交換をしてもらうことができます。

工事内容に起因するものは、施工会社が保証しますが、施工会社は、

比較的簡単に優良な業者を見極めることが可能です。

さらに、気象条件によって発電量が上下することは大いに想定されることですが、

20年間買取価格が変わらないということを考えると、当然その間によい年もあれば、

悪い年もあるのが実情で、結局のところは、20年通して考えると平均的な日射量=発電量を

しっかりと確保することは統計学的に間違いのないことです。


そう考えるとリスクがあまり思いつかない。

だから、異常な速度で太陽光発電事業に参入するところが増えているわけです。


では、これらの流れは家庭用では応用できないのでしょうか?

家庭用と事業用とでは、異なる点が3つだけあります。

それは、規模と導入費用に対する補助金と全量買取制度の中身です。

10KW以上を事業用、それ未満を家庭用と区分します。

事業用は導入時の補助金がありません。

家庭用は、導入時に補助金がでます。(2013年までは)

初期費用については、スケールメリットのある事業用のほうが単価が下がりますが、

補助金がないので、実初期費用は家庭用も事業用も単価としてはそんなに変わらないでしょう。

また、事業用は発電した電力は全て買い取ってもらえますが、

家庭用では余剰電力のみが買取対象となります。

よって、そんなに大きな違いがあるわけではなく、

より大きなお金を動かして、大きな利益を得られるのが事業用、

事業用よりも動くお金が少ないのが、家庭用くらいに考えればよいでしょう。


太陽光発電投資(事業用・家庭用含む)のメリットとデメリットをまとめます。

太陽光発電投資のメリット

リスクが少ないリターンが大きな投資である。

誰でも取り組むことができる。

長期的に安定した収益が見込める。

家庭用という小さな単位から、大きな単位まで、規模が自在に決められる。

一度設置してしまえば、手間がほとんどかからない。


太陽光発電投資のデメリット

発電量=収益が設置場所によって大きくことなる=しっかりした事前調査が必要。

どこでも設置できるわけではない。=現地調査で判別してもらう必要がある。



以上のことから、まずしっかりとした事前調査をすることをおすすめします。


見積もり依頼をかけてみることをおすすめします。

タイナビネクストは、ネットから簡単にあなたが事業用太陽光発電を導入して、

得するのか損するのか簡単に判別することができるサイトです。

希望があれば、現地調査までして、正確なシミュレーションを取得できますが、

逆にまだ自分たちだけで検討したい場合は、簡易見積もりで、データだけ、

簡単にもらうこともできる、非常に便利なサイトになっています。

タイナビは、すでに100万人の方の利用実績があり、しつこい営業が一切ない、

非常に安心感のある業者で、顧客満足95%を達成しています。

家庭用のみを検討される場合は、絶対に失敗しないために、

絶対に得する太陽光発電の見極め方をご参照ください。


太陽光発電 メリット デメリット






【2012年版メリットデメリットの最新記事】
posted by 太陽光発電のデメリット at 14:51 | 2012年版メリットデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。