太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電システムを比較する

太陽光発電システムを導入する際に必要になることは、

当サイトで掲載しているさまざまな情報をトータルで見ることです。


そもそもなぜ導入したいのか?という目的確認から始まり、

太陽光発電のメリットやデメリットを確認した上で、

あなたにとって太陽光発電の導入が目的を遂げる最良な選択肢なのかを、

しっかりと見極めていただくことです。


そして、最良な選択肢だということがわかったならば、

どのメーカーのどの商品をどこの販売店から導入するのかを見極めることが必要になります。


つまり、販売店と製品を比較することが大切になるということです。


この段階にきているということは、少なくとも一社からは見積を取得しているはずですので、

取得した見積をベースに、今度は実際に導入するものを決めるために、

再度見積を取得する必要があります。


すでに、価格コムや、タイナビで一括見積もりを取得しているのであれば、

いくつか見積もりが手元にある筈なので、ここであと一社だけ見積もりを取得することをおすすめします。


※ソーラーフロンティアは、太陽光発電では非常に珍しいメーカー直販の会社です。
一括見積もりサイトはおろか、販売店さえも通さずに直接メーカーが販売してくれる唯一の業者です。
宮崎県で世界No.1規模の工場で完全メイドインジャパンで、次世代型CIS薄膜パネルを超低価格で販売しています。
その商品力は、大手昭和シェル石油の100%出資会社として30年の歴史があるだけあって、
実発電力No.1と呼び声の高い業者でもあります。


すでにこの段階にあるのであれば、是非見積依頼をかけて見ることをおすすめします。


ちなみに、簡易見積でよい結果が出ていても、現地調査した結果、導入不可という判断を

くだされることもままありますし、想定より工事価格が高くなったり、発電シミュレーションの結果が

下がったりすることはたくさんありますので、最終的な判断をする前にもう一度、

現地見積もりとシミュレーションを判断基準公式に当てはめて判断されることをおすすめします。

シミュレーションを基に導入の可否を判断する計算式
平均年間発電量 ÷ (初期費用―補助金) > 10 %

ソーラーフロンティア公式サイトは、【ソーラーフロンティア】結果を出す、太陽光発電。です。



posted by 太陽光発電のデメリット at 09:31 | 一括見積もり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。