太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電のしくみ

ここでは、太陽光発電システムがどうして電気を発電するのか、

太陽光発電のしくみについて、カンタンに解説していきたいと思います。

太陽光発電のメリットとデメリットを考える上では、あまり関係ありませんが、

それでも、長期間あまり発電効率を下げることなく耐久するのはなぜか、

という点を理解する上では、役立つ情報となっています。

あまりしくみ的なことに興味がないという方は、

サイドバーの興味あるページへお移りください。


太陽光発電は、シリコンなどの半導体を活用することで発電します。

半導体というのは、電気を通電する導体と、通電しない絶縁体の中間にあるもの、

すなわち条件によって通電したり、しなかったりする部材のことを呼びます。


太陽光モジュールを構成するセルの中に、プラスの電気(正孔)を帯びた半導体と、

マイナスの電気(電子)を帯びた半導体が組み込まれています。

異なる電気を帯びた半導体は、接合される時に、マイナスの電気を帯びた電子が、

プラスの電気を帯びた半導体の方に移動し、一方でプラスの電気を帯びた正孔が、

マイナスの電気を帯びた半導体の方に移動し均衡が保たれます。

そこに太陽光=光エネルギーが加わることで、電子と正孔が新たにセル内に流れ込み、

新たに流れ込んだ分だけ、電子はプラスの半導体の方へ、正孔はマイナスの半導体へ、

流れていって、飽和状態にあったセル内から外部へ押し出されます。

この押し出された電子が発電した電気ということになります。

そして、その電子は直流の電流として、たくさんの連結されたセルから発生した電力と

合流してパワーコンディショナーに流れて、交流に変換されて、分電盤から、

家庭内の各コンセントに分配されるのです。

家庭内で使いきらなかった電力については、モジュールでもパワーコンディショナーでも、

単体では蓄電することができないので、売電メーターから系統連結系を通って売電されます。

電力会社へ売電した電力は、この売電メーターですべて記録されます。


以上が太陽光発電システムが電力を発電して、使用、売電されるまでのしくみとなります。

このことから、太陽光発電のメリットのひとつとも言える長期間発電効率を下げることなく、

耐久するということと同時に、デメリットでもある発電効率が悪いということがわかると思います。


これ以上の詳しいしくみの技術的な話は、システムを利用するのには、あまり関係ありませんが、

(例えば、テレビを利用する人がテレビのしくみを知らなくても使いこなせるように・・・、)

どうしてもお知りになりたい方は、GoogleYahoo!などの検索エンジンで、

「太陽光発電のしくみ」と検索していただけたらいくらでも情報は出てくると思います。

基礎的な部分としてカンタンに抑えておいていただけたら幸いです。

太陽光発電 メリット デメリット


posted by 太陽光発電のデメリット at 09:14 | 太陽光発電とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。