太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

絶対に得する太陽光発電の見極め方

ひとつだけ、お願いがあります。

この記事を最後まで読んでいただいて、
間違って太陽光発電の導入することを
もうやめていただけませんか?

太陽光発電を導入して損する人がいます。

それは紛れもない事実で、騙されたり、間違った情報を元に判断したり、トラブルに巻き込まれる人は後を絶ちません。

それは、誤った情報源から、誤った情報を取得して、
誤った販売業者に発注することが原因です。

誰でも太陽光発電を導入してメリットを得られるわけではありません。

あなたが太陽光発電を導入してデメリットにならないか、
確認する必要があります。

そして、それは当サイト含めて、机上の情報をただ見たり聞いたりしているだけでは決してわからないのです。

結論を言うと太陽光発電は、メリットになる人にとっては、
メリットになるし、デメリットになる人にはデメリットになるからです。

正直にいって、どこに住んでいるかということは、
ほとんど関係ありません。

北海道だろうが、沖縄だろうが、山陰地方だろうが、東海地方だろうが、
どこに住んでいたとしても、メリットになるか、デメリットになるかは、
どこに設置するか、という一点にかかっているわけです。

どこに設置するかというのはつまり、あなたが設置を検討している
屋根の形状と向きと周囲の状況がどうなのか
そして、あなたが住んでいる場所に太陽光発電を設置してくれる業者が
一体いくらで販売・工事してくれるのか、ということです。

それだけを確認さえして、トップページで紹介した、
太陽光発電の採算性を得る公式を満たすのであれば、
導入してメリットが大きいと言えるし、もし満たさないのであれば、
まだ導入する時ではないということができると思います。

一旦採算基準を確認しておきたいと思います。
平均年間発電量 ÷ (初期費用―補助金) > 10 %

そして、ここからがお願いの詳細なのですが、
もし太陽光発電を導入するか否か、まだ決めていなければ、
今からいう手順を踏んで、検討していってもらえないでしょうか?

あなたに太陽光発電の導入で失敗して欲しくないからです。

私は、太陽光発電を導入して得する方法をあなたに無料で提供しますので、私のアナウンスする手順で検討してみてください。

そうすることで、あなたは、次のことを得ることができるようになります。

  1. あなたにとって太陽光発電を導入することは、損なのか得なのか、見極まることができるようになります。
  2. しかも販売店と顔を合わすことなく、しつこい営業を一切受けることなく、強引に購入を迫られることなくです。
  3. たった7分という短い時間でステップを踏むだけで検討することができます。


私の提供する検討手順は、のべ12万人の人にご覧頂いた手法で、
ずっと支持いただいてる手順です。
他のサイトでは決して見られない、
簡単に太陽光発電のメリットデメリットを知ることができる手法です。

おそらく誰かが真似ない限りは、
他では知ることができない方法と自信を持って進めることができます。

太陽光発電は、一般的なメリットとデメリットは通じないからです。

ただ、あなたのお宅に設置してメリットになるか、デメリットになるか、
すなわち設置場所でメリットもデメリットも全く変わってきてしまうのです。

だから、この手順を踏んで欲しいのです。


ステップ1

太陽光発電の一般的なメリットとデメリットを知る。

太陽光発電の5つのメリット

 

メリット1 環境面における優位性

 

メリット2 コスト面での優位性(経済性)

 

メリット3 緊急時の優位性(非常用電源機能)

 

メリット4 電力需要の抑制効果における優位性

 

メリット5 送電ロスを抑制できるという優位性

 

 

太陽光発電の3つのデメリット

 

デメリット1 比較的高額な設置費用

 

デメリット2 発電量の不安定さ

 

デメリット3 発電コストの高さ

 


ステップ2


あなたのお宅に太陽光発電を導入した得なのか、損なのかを調べる。


簡易見積とシミュレーションを取得して、公式に当てはめるだけ。


平均年間発電量 ÷ (初期費用―補助金) > 10 %


簡易見積とシミュレーションを取得して、公式に当てはめるだけ。





タイナビへのリンク

このバナーをクリックして、必要事項を入力するだけ。

後日簡易見積とシミュレーションが手に入ります。

必ず簡易見積にチェックするのを忘れずに!

操作手順は、こちらを見ながら入力すると非常にわかりやすいと思います。

そして、見積とシミュレーションがメールできたら、判断基準に照らしてください。

でもまだ、導入するか否か、決めないでください。


ステップ3

見積結果が導入してOKであれば、

⇒その業者に実際に現地調査に来てもらって、正式な見積をしてもらってください。

再度、採算基準に照らして、そこで初めて判断してください。

それまでは、決して導入するにしても、しないにしても、判断しないでください!

追伸:どうしてタイナビかというと、簡易見積の機能があるからです。
そして、しつこい営業がかからないようしっかりとしたコンプライアンスで顧客を守っているからです。
だから、安心して、利用することができるのです。

このステップを踏むことであなたは必ず成功する太陽光発電の導入検証をすることができます。
手間はかかりません。
ただ、ここに書いている通りに、手順を踏むだけで自動的なメリットなのか、デメリットなのかを判断することができるのです。

追伸:
導入時の補助金が2014年には、なくなることが予想されています。
もし導入するのであれば、2013年中それもできれば早い段階で導入することが求められます。
なぜなら、もし太陽光発電を導入してメリットがある場合=採算基準を満たす場合は、導入時期は、早ければ早いほど、メリットも大きくなるからです。

早めにステップを踏んでいただけたら幸いです。

太陽光発電 メリット デメリット



posted by 太陽光発電のデメリット at 09:48 | 業者選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。