太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電のメリットデメリット|設置に適さない場所

太陽光発電には、間違いなくメリットとデメリットが存在します。

メリットとデメリットが存在する要因としては、もちろんシステム自体の問題もありますが、

技術革新が進み、低価格が進んだ今となっては、むしろ製品自体よりも、

設置場所を選ぶという一点につきると思います。

すなわち、太陽光発電を設置すべき場所と、設置すべきではない場所がある、

ということです。


太陽光発電システムを導入して、導入価格に見合うだけの発電量が見込まれれば、

それは「設置すべき場所」ということができますが、

一方で、導入価格に見合わないだけの発電量が見込まれないのであれば、

それは「設置すべきではない場所」ということができます。


また、屋根の形状や材質、屋根材の種類や方角などによっては、

最初から導入できないところもあります。

また、塩害地域や、重積雪地域や一部法的規制のある場所では、

導入不可と判断されるエリアがあるのもまた一つの事実です。


それらを総合的に加味して、各メーカーごとに設置基準を設けており、

その条件を満たさなければ、保証を受けることができません。

また、非常に悪質な販売店などでは、そういったメーカー基準を偽って太陽光発電を設置し、

一時的な利益を取った後廃業してしまうような業者があるのも事実です。

そう考えると、販売店を間違うことなく、現地調査をした上で、

導入するか否かを決定しさえすれば、それほど大きな失敗をすることはありません。

万が一設置場所付近での瑕疵が見つかったとしても、

当然これは避けることが極めて重要なのですが、

どうしても人間が確認して、人間が施工する以上、一定割合では、

工事に不備が起こることも避けられない事実であることも間違いありません。

一方で、瑕疵が発生すること自体が失敗に直接結びつくわけではありません。

施工までの販売店の対応、瑕疵が見つかってからの販売店の対応、

そういった一連の関わり合いが瑕疵を失敗にするか、問題ではなくするかを決定づけます。

要するに、失敗するも成功するも販売店次第だということが言えると思います。

そういう意味でも販売店選びは、しっかりした情報を元にしっかりとした判断基準で選ぶことが、

極めて重要だと思います。

thaio.netという太陽光発電の専門サイトは、そういう意味で非常に有効なサイトだと判断できます。

その中の太陽光発電販売会社の選び方は、非常に有益なので参考にされると良いと思います。


太陽光発電 メリット デメリット


【太陽光発電の失敗談Bの最新記事】
posted by 太陽光発電のデメリット at 08:15 | 太陽光発電の失敗談B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。