太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電は誰でも設置できるとは限らない

ご存知でしたか?

一戸建てでどれだけ日当たりがよくても、

すべての方が太陽光発電を導入できるとは限らないことを。


実は、太陽光発電を設置できる場所・屋根は、

メーカーごとに厳格な基準があり、

すべてのお宅で導入できるとは限らないのです。


シミュレーションでもものすごい大きなメリットがでることが予想でき、

日当たりも良くて、よい業者さんが近隣にあって、

よい条件はすべて揃っていたとしても、

太陽光発電を導入したくても、どうしても導入することができない、

そんなお宅があることも事実なのです。


ご自身でいろいろな情報を取得して、メリットやデメリットもしっかりと確認して、

失敗談や成功事例を研究して、よし導入しよう!ってなっても、

設置希望場所に設置することができなければ、どうすることもできません。

もちろん詳しくは、専門家による現地調査が必要になりますが、

どれだけメリットが大きくてもメーカーの保証対象外になるような場所に設置して、

万が一保証云々に関わる事態に陥っては元も子もなくなります。

もしかしたら、太陽光発電を導入することができないかもしれない、

頭の片隅においた上で検討作業をしていただけたら幸いです。


主に屋根の形状に問題があります。

太陽光発電は、初期投資をして一定以上の長いスパンで発電し続けることで、

リターンとして回収していく仕組みです。

当然メーカーとしても最低10年、20年以上設置し続けることを前提として、

製品開発をしており、当然その大元となる設置場所については、

材質や形状をしっかりと限定しているのが現状です。

その分メーカーは様々な保証をしますし、販売店は施工保証をして、

導入する方が安心して発注できるように工夫されているわけなのです。


!!以下のような屋根には、太陽光発電は導入できません!!

金属瓦屋根
2重張り屋根
屋根の傾斜が大きく接地面積が十分にできない屋根
屋根の材質がやわらかすぎたり、薄すぎたりする屋根
屋根の素材の耐久性に問題を抱える屋根


他にもメーカーごとに細かな規定があるので、

以上の内容ではない場合でも、導入できないケースがあります。

詳しくは、販売店による現地調査をした上で専門家による判断を聞きましょう。

その際にも、複数業者からの見積もりを取得することは、非常に重要になりますので、

しっかりとした業者からきちんとした調査の上での見積もり・施工可否の判断を仰ぐようにしましょう。

以上のことを踏まえた上で、

をご覧下さい。

太陽光発電 メリット デメリット






【懸念材料について1の最新記事】
posted by 太陽光発電のデメリット at 09:21 | 懸念材料について1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。