太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電価格動向|2013年設置はメリット?デメリット?

太陽光発電価格動向.png
〈一般社団法人太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センターより転載〉


2012年太陽光発電は、普及速度を飛躍させました。

もちろんその大きな要因は、全量買取制度であることは間違いないことでしょう。

けれども、全体的な導入単価の相場自体が下がっていることも間違いありません。

上記資料を見ていただければわかる通り、

太陽光発電システムの価格相場は、一年で約10%も下落しました。

当然、これからも相場は下落していくことが想定されるでしょう。

さらに発電効率自体も向上して、よりよい商品が開発されていくことでしょう。

そう考えたときに、一体導入に適した時期は、いつなのかという疑問が湧いてきます。

果たして2013年に導入することは、メリットのほうが多いのでしょうか?

それともデメリットのほうがおおいでしょうか?

その点については、2013年太陽光発電を導入することのメリット・デメリットをご覧ください。


導入時期をいつにするか判断するためのポイント

○費用対効果の検証

○全量買取制度の今後

○太陽光発電システム自体の性能改善と価格動向

○機会ロスについて


この4つの観点から考えて頂けたらと思います。

1.費用対効果については、これで十分!費用対効果を最も高く導入する方法をご参照ください。

2.全量買取制度については、太陽光発電の補助金は25年度どうなるをご参照ください。

3.今後の太陽光発電の性能改善と価格動向については、太陽光発電の発電効率は2倍になるをご参照ください。

4.機会ロス=機会損失については、2013年の売電単価が下がる!いつ導入すべきかをご参照ください。


以上をトータルでご覧いただけるといつ導入したらよいか判断しやすくなります。

あくまでも、もっとも大切なことは、トータルでどうなるのかということです。

今だけよくて、10年後に損するのではいけないでしょう。

また、逆に今何もしないで、10年後に導入したとしたら、向こう10年間は無駄になってしまいます。

もっともよいバランスの時を各自で見出すことが重要と思います。

そのためにも、しっかりとした情報を取得するようにしましょう。

当サイトは、中立の立場から情報を提供していきますので、

フラットな判断をすることができるようになります。

判断材料の足しになれたら幸いです。





posted by 太陽光発電のデメリット at 06:18 | メディア掲載情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。