太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電補助金は25年度どうなる?

太陽光発電補助金は、25年度どうなっていくだろうか?

2013年の太陽光発電のメリットとデメリットを読み解くでも触れたが、

いよいよ平成25年度は全量買取制度の買取単価が下がることが決まっている。


正式な金額はまだ未定だが、現行の42円/kwだったのが、

25年度の売電単価は、30円台後半/kwとなる見込みだ。


これは、導入を検討している方導入をすでに決定している方、

どなたにとっても大きな要素になるだろう。


現行の42円/kwでの買取をしてくれる期限が3月22日とのことなので、

もしすでに導入を決めているのであれば、いまからだったら間に合う可能性がある。

こちらのサイトからどう導入していけばよいかご覧頂いて迅速に対応されることを

強くオススメしたい。


まだ決めていない方は、引き続き当サイトでじっくりと情報を収集していただけたらと思う。


導入時の補助金については、こちらのページをご覧いただけたらと思うが、

この内容は程度の差こそあれ、そんなに大きく変わることはないのではないかと思う。
(少なくとも25年度内については)


ただし、地方自治体からの助成については、予算の関係上受付中止になっているところも散見される。

予想以上に太陽光発電の普及速度が早く、当初想定していた財源が間に合わなくなっているからだ。

もちろんこのような現象は、日照量が非常に多い、太平洋側に見られる傾向であり、

それ以外の地域については、いまのところそのような情報は見聞きしない。


いずれにせよ太陽光発電の導入を検証するために必要なことは、

費用対効果がどうなのかという点だ。

トップページをしっかりとご覧いただけたらどう判断していけばよいかわかるようになっている。

補助金についてもしっかりと視野に入れた上で、

しっかりとしたシミュレーションを取得して導入の可否を判断いただけたらと思う。



 太陽光発電補助金 25年度についてのまとめ


  1. 全量買取制度の買取単価は下落する。
  2. 導入時の補助金については継続することが想定される。
  3. ただし、地方自治体からの助成については一部制限がかかることが予想される。




posted by 太陽光発電のデメリット at 08:36 | 太陽光発電の補助金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。