太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電で絶対に失敗しない方法|必ずもとをとる

太陽光発電を導入するのにあたって、絶対に失敗しない方法をまとめておきます。

端的にいうと出したお金をきっちり回収することです。

想定発電量をお金に換算して、そこから初期費用にかけられる金額を割り出すことです。

その公式が、

平均年間発電量 ÷ (初期費用―補助金) > 10 %

を変形させて初期費用を割り出すために次の式に当てはめてみて下さい。

平均年間発電量 × 10 > 初期費用−補助金

つまり、10年間分の発電量より安く導入すれば、元がとれるということです。

10年で元が取れたら失敗するということはありません。

なぜなら、もとをとったあとは、利益になるだけだからです。

もし、導入するか迷うようなことがあるのならば、

まずはシミュレーションを取得して、見積もりを取得して、

元がとれるかどうか検証してみて下さい。

そして、複数の会社から見積もりをとって、最も費用対効果の合うプランを選択して下さい。

そうしたら、失敗したくても失敗することができなくなります。

まずは、しっかりとそこをクリアにしてみて下さい。

もし、複数社から見積もりを取得したのにもかかわらず、元がとれる数字がでないのであれば、

太陽光発電はまだ導入すべき時なのではないと結論して下さい。

決めてしまえばよいのです。

今は導入しないと。

もし、数式を満たす結果が得られるのであれば、迷わず導入して下さい。

それはお得ですから。

※前提として、何のために太陽光発電を導入するかということは、明確にしておいてください。

詳しくは、当サイトのトップページhttp://taiyoukou-demerit.seesaa.net/をご覧ください。


まずは、目的を明確にすることです。

そして、メリット・デメリットをしっかり理解することです。

そして、損をしないプランを作ることです。

そのためには、コンプライアンスがしっかりしていて、簡単・手軽に見積もりをとることができる、

太陽光発電 最安値は価格.comでシミュレーションされることをオススメ致します。









posted by 太陽光発電のデメリット at 04:06 | 一括見積もり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。