太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

どのメーカーがよいの??

では、実際にどのメーカーの商品を導入したらよいのでしょう?

具体的に購入の計画をされている方にとって、迷われる方が多い点です。

太陽光発電のメリット・デメリットサイトの管理者として、

いつも次のようにお答えしています。

「メーカーではなく、導入業者を選んでください。」

??と思われた方も多いと思います。

実はこの観点は、太陽光発電の導入の成否に関わる非常に重要な点になるのです。


業者選びが重要な理由

・導入価格は、パネルの金額+工事費
よってエンドユーザーに関係のある価格は、業者からの金額で、
パネル代金、工事代金いずれも、業者が任意に決めているため。

・発電効率の良いものを求めるのは間違いがないが、
結局は導入単価との兼ね合いであり、発電効率というものが図られるため。
つまりいくら高効率のパネルであっても、導入価格が高く、
費用対効果が低ければ、発電効率がよいということは言えないため。

・耐久性と故障について懸念される方が多いが、
太陽光パネル自体が故障することはごくまれで、耐久性に大きな違いはない
ただ、パワーアップコンディショナーについては耐久性を問われるが
メーカーのよる差は比較的大きい。
なぜなら、各メーカーとも主にパネルの性能を重視しているから。
また、10年保証はどこのメーカーも実施されているため、
不良品について懸念する必要がない

どちらかというと業者による工事内容が重要になる。
(保証の問題と耐久性において〜
〜なぜなら太陽光発電メーカーは無名なメーカーであっても大企業であるのに対して、
施工業者はそうでないことが多いため。
また、導入における問題の多くがパネルそのもののトラブルではなく、
工事に関するトラブルであるため〜

以上の理由により、
太陽光発電の導入にあたって検討が必要なことは、
パネルメーカーではなく導入業者であるということが言えると思います。

当然シャープだからと・・・といった安心感はあると思いますが、
実はシャープ製品を仕入れて施工するのは、
エンドユーザーと直接関わる工事業者なのです。

また、営業方針によってはいくらでも情報提供の仕方を変えることで、
メーカーの良い点も悪い点も言えるわけで、
やはり、業者の選定が何より大切になってきます。

いずれにせよ、まず見積もりを取得するところからしか、
メーカー比較、業者比較はできないと思います。

コンプライアンスがしっかりしている優良業者から見積もりを取得されることをオススメします。


当サイトがオススメする安心の業者

太陽光発電は見積り比較で安くなる!





posted by 太陽光発電のデメリット at 05:06 | メーカー選びについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。