太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電のメリット・デメリット<オール電化について>

オール電化

太陽光発電を考える上で大切なキーワードになります。

なぜなら、オール電化も併せて導入しなければ、経済面だけみたら、

回収期間が長くなる=(つまりメリットは半減し、デメリットが増える)からです。

オール電化というのは、給湯とキッチンも含めて、ガスを完全になくして、

エネルギー源を電気だけにするものです。


 【なぜオール電化はメリットになるのか】
  1. ガスの基本料金がなくなります。
  2. 電気の単価が下がります。
  3. エコキュートが深夜の安い料金帯で給湯する。
  4. 火を使わなくてすむから安心
  5. IHはガスに比べてお手入れが楽

ほとんど多くの家庭が、オール電化にすると光熱費が格段に下がります。

イメージとしては、今までの電気・ガス代が4割減るようなイメージです。

(効果は使用状況によって異なります。)

その位節約効果が高いです。

特に光熱費が高い家庭ほど効果は高いと考えられます。

仮にオール電化にして工事費をローンで支払うとするとほとんどのケースが、

今までの光熱費との差額でローンが支払えてしまいます。

オール電化にしてエネルギー源を電気に絞るのなら、

太陽光発電を導入して自己供給したほうがよいだろうという図式です。

失敗しない太陽光発電選び


【オール電化のデメリット】
  1. 火がなくなる=安全
  2. 専用の調理器具が必要
  3. エコキュート設置する場所が必要
  4. 初期投資が必要
  5. 停電したらどうにもならない
  6. やっぱりガスがいいとなった時大変
  7. 地震ではガスより電気のほうが早く復旧する

オール電化にする場合太陽光発電を導入するか否かはともかく、

太陽光発電を導入するのであれば、

オール電化は必須になろうかと個人的には考えています。

一つ参考までに捉えて頂けたらと思います。








posted by 太陽光発電のデメリット at 05:26 | オール電化について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。