太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電のメリット・デメリット<業者選びのポイント>

業者選び・比較のポイント】

太陽光発電の導入を検討するにあたって、

費用対効果を調べるためには見積もりとシミュレーションを取得することが不可欠です。

メリット・デメリットのコーナーでも訴求いたしましたが、

発電効率についてはその家の屋根の地域特性や、

屋根の形状等々様々な影響を受けて大きく異なります。

また、初期投資についても、単に太陽光発電の設備費用だけでなく、

付随する工事や屋根の補強工事等思わぬ経費が発生する可能性があります。

古い家に住んでいる方は、このあたりもデメリットといえるかもしれません。

そういう意味では、金額面で言うとやはり、見積もりをとって、

導入判断する計算式に当てはめて、費用対効果が合うか計算しなかればなりません。

さらにいうと、受注・施工する業者の問題があります。

太陽光発電の工事をしてくれるのは、主に建築関係の業者か、電気屋さんです。

当然、それぞれの業者で特徴がありますので、以下まとめます。


   1 建築業者=工務店など

リフォームを業とする傍らで、太陽光発電事業に参入しています。

【メリット】

工事がしっかりしていること。

太陽光発電の導入は、設備はメーカーがつくりますから基本的な性能は、

同一メーカーであれば全く同じですが、設置工事となると全く違います。

工事業者によって差が出てきますし、目に見えない分だけ、

価格もピンからきりまであり、工事のレベルも差がはっきりしているということがいえます。

【デメリット】

どこがいいか見極めが難しいということが挙げられます。


   2 電気屋さん

現在では、大手電気量販店(ヤマダ電機など)も太陽光発電の販売に参入してきています。

また、近所の昔ながらの電気屋さんの多くでも取り扱っています。

どういった業者かわからないところに頼むより、

馴染み深い大手量販店や近所の電機屋に頼むのが安心と思うかもしれません。

当然近所の電機屋さんは、価格が高いし、量販店は安いでしょう。

しかし、こと太陽光発電に限っては、量販店が他の業者より安いとは限りません。

なぜなら、卸価格はメーカーと業者の取引量によって変わり、

その上に販売手数料が乗ってくるからです。

携帯電話を考えてみて下さい。

携帯電話はヤマダ電機より、街中の携帯専門店の方が安いですよね?

それと同じことがいえます。

【メリット】

家電量販店は、平均的に安いというメリットがあり、

近所の電機屋さんは知っているから安心というメリットがあります、

【デメリット】

工事業者は、量販店でも、街の電気屋さんでも下請け業者がするということです。

どうしてデメリットかというと電気屋さんからすると畑違いのため、

工事内容の是非を検証できないし、

少しでも利益を増やすために基本的には工事価格の安い業者を選んでいるからです。

もちろん、それらの下請け業者が全て悪いとはいいません。

良い業者も悪い業者もあると思います。

ただ、直接相対しているわけではないので、目利きができないのは否めません。

以上の観点からどこの業者がよいかということは、

実際に見積をとって、業者の「人」を見て決めることが重要です。

決して安い買い物ではないですから、情に流されず冷静に判断して業者を選んでください。


初期投資を抑えてリスクを軽減したい方
これで十分!太陽光発電の費用を抑え、もっとも費用対効果を高く導入する方法をご覧下さい。



太陽光発電 メリット デメリット


posted by 太陽光発電のデメリット at 05:23 | 業者選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。