太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電のメリット・デメリット<メーカー比較>

【製造メーカー比較】

太陽光発電設備を製造しているメーカーはどのような会社があるのでしょう。


太陽光発電の仕組みでもふれましたが、メーカーによって太陽電池の素材が異なり、特性があります。


このコーナーでは、メーカー毎の素材をまとめておきます。


どの素材にも、メリット・デメリットがあるので、目的に応じて選ぶことが必要です。


目的については、また別のコーナーでしっかりとまとめます。



シャープ・・・単結晶 

三洋電機・・・単結晶+薄膜 

パナソニック・・・単結晶+薄膜 

京セラ・・・ヘイバーン 多結晶 

三菱電機・・・多結晶 

ホンダソルテック・・・化合物 

ソーラーフロンティア・・・化合物 

長州産業・・・単結晶 

東芝 ・・・単結晶 


えっ、太陽光発電製造しているメーカーってこんなにあるんだ、

と驚かれた方もいらっしゃると思います。

実は、海外メーカーを含めるともっともっとあるんです。

ですが、地域性等考えますとやはり、日本では、日本製のものを検討すべきと思いますので、

日本製品についてのみ掲載します。

また、聞き慣れないメーカーもあるから、ここは、やはり有名どころが・・・

と考えられた方もいらっしゃると思います。

実は、有名メーカーというのは、安心という一つのメリットなんです。

逆に価格が高いというデメリットもあります。

でも他にもたくさんのメリット・デメリットがあるので、きっちりと抑えて参りましょう。

今回は、素材別の特徴について記載しておきます。



【太陽電池素材比較】

・単結晶シリコン・・・変換効率高い。ただし、生産に必要なエネルギーや、コストが高い。
もっとも普及している。

・多結晶シリコン・・・単結晶シリコンよりエネルギー効率低いが、生産に必要なエネルギーが少なく、コストも割安で主流になりつつある。

・薄膜シリコン・・・形状による分類。交換効率は低下するが、生産に必要なエネルギーやコストが多く削減できるため、環境負荷の観点から優秀なものが多い。

・化合物系・・・現在各社が開発しているもの。
交換効率が良く、生産に必要なエネルギーコストが少なく、耐久性もあるが、コストが高いものが多い。一方で安価なものもでてきているなど非常にメリット・デメリットが多様な素材といえる


太陽光発電 メリット デメリット


posted by 太陽光発電のデメリット at 05:53 | 太陽光発電メーカー比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。