太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、導入に迷った時に判断材料となる情報を提供しています。 太陽光発電に限らず、すべてのことにメリット・デメリットが存在します。中立の立場からしっかりと情報提供したいと思います。
太陽光発電メール講座

太陽光発電のメリット・デメリット<太陽光発電の仕組み>

太陽光発電の仕組みについて】

仕組みをしっかりと理解していただくことで、
太陽光発電のメリット・デメリットについても深く知る知ることができるようになります。
何事も基本を学ぶことが大切ということですね。

 


【太陽光の活用】


光を利用するものと、熱を利用するものがある。


(1)熱を利用するもの

・太陽熱温水器・・・太陽光の熱を利用して水を温め、お風呂等でお湯として使います。

 


(2)光を利用するもの

・太陽光発電・・・太陽光を電気に変換して利用しようとするもの。

発生した電気は家庭内で使用され、使用しきれないものは電線を通って電力会社に売却されます。

(飽くまで発電であり蓄電はされない。蓄電は別の設備が必要となる。)
熱を変換せずにそのまま活用する温水器のほうが効率がよいと言われていますが、実用的なのは太陽光発電ですよね。
もちろんそれぞれにメリット・デメリットがあります。


【太陽光発電】


太陽電池で光を電気に変換する。


【太陽電池】


パネルともモジュールとも呼ばれ、光を電気に変換する設備で蓄電機能はありません。
太陽電池は、プラスのP型半導体とマイナスのN型半導体からできており、ここに光が当たることで、発電します。

メーカーによって素材に違いがあり、素材によってメリット・デメリットがあります。

【太陽電池の素材】

シリコン系多結晶シリコン系単多結晶薄膜シリコン系化合物系などです。
それぞれのメリット・デメリットをうまく生かし、あるいは補って各メーカーが競い合っているのが現状です。
詳細は、メーカー比較でご説明します。

【太陽光発電設備構成】


太陽光発電には、上記の太陽電池のほかに、パワーコンディショナー(直流電力を交流にする)、売電メーター、接続箱(昇圧回路)、ケーブル、架台、発電モニターなどになりますが、主役は太陽電池とパワーコンディショナーです。
いろいろと経路を通り電気が加工される過程で当然電気のロスが起こるため、太陽光発電の一つのデメリットと言われる発電効率の悪さが発生するわけです。

【太陽光発電設備全体イメージ図】


太陽光発電のイメージ



太陽光発電 メリット デメリット


posted by 太陽光発電のデメリット at 10:56 | 太陽光発電の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事

Copyright (C) 2000-2013AkiyamaShinyaall rights reserved.
Powered by Seesaa
カスタム検索
太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。